住宅ローンの借入れと借り換え

マイホームを手に入れる時に、まず大きな検討事項として出てくるのは住宅ローン。

いつもニコニコ現金払いという方には無縁ですが、世の中のほとんどの人達はサラリーマンで毎月決まった額を返済するという計画で購入するのではないでしょうか。

住宅ローンで気になるのはやはり金利。返済期間の間に金利が景気に変動され、何年後かには景気が大幅に下がった割には高い金利を支払う羽目になり厳しい状況になるというケースは珍しくありません。

そんな事態を回避する方法として借り換えという手段があります。現在返済中の住宅ローンを新たに組み換えることで、その支払金額や支払方法を見直す事ができます。

しかし、借り換えも当然借入れですので、新規と同様に手数料や諸経費が必要となるので完済までの返済総額や月々の返済額を減らせたり、今後の金利変動のリスクを回避するといった借り手にとってのメリットがなければ借り換えをする意味はありません。

パンフレット等の特典情報やその他付加条項などに惑わされずにしっかり検討する必要があります。また、基本的に同一の金融機関で借り換えは出来ないので注意しなければなりません。

家計調査

家計調査とは、総務省統計局が毎月まとめて発表している家計経済に関するデータのことです、家計経済関連統計としては最も基礎的なものです。

ここ数年にわたって米国が我が国に要求してきているほとんどは、内需拡大に集約されてきていると言っていいでしょう。内需拡大とは、「国内需要の拡大」であり、わが国政府、企業、個人によるものおよびサービスへの購入需要(消費需要)を高めていくことを意味します。

ところで、これらの需要項目のうち最も比重が高いのは個人による消費であり、GNPに対する比率で見ると60%にも達します。次いで企業による設備投資需要15%程度、政府消費が約10%です。

つまり、個人消費のしめる割合が格段に大きいわけです。ということは、景気の状態を消費面から判断するうえでは、個人消費の動向が非常に重要なデータとなります。

総務省統計局が毎月発表する「家計調査報告」では、勤労者(サラリーマン)世帯の家計収入と家計支出が集計されています。

返済方法~リボビング払い

これまで、信販会社を保護するという名目で銀行系カード会社には分割払いが認められてこなかった。ことろが総合割賦が解禁になり、3回、6回、12回などの分割払いが可能になりました。

<注目の融資商品>

低金利融資の仲間入りとした新しいアコムは、上限金利の引き下げにより消費者金融とはますます身近な存在であることをアピールしていますね。

これによって、銀行系カードはリボビング払いに加えて、分割払いからも金利収入を得ることができるようになり、経営的にもろより安定することになりました。一方、これまで系列ごとに支払方法が異なり、それぞれの強みとも弱みともなっていましたが、今回改定でもっとも影響を受けたのは、分割払いを売り物にしてきた信販系カード会社でありました。

つまり、どのカードを選んでも、一括払い、分割払い、リボビング払いという主流の支払方法は用意されていつという状況になったのだから、わざわざ信販系を選ぶ必要はなくかったからです。

一方の銀行は新しい支払手段を得たためにシェア拡大の好機とばかりに攻勢をかけています。信販系カードの会員を奪うチャンスです。しかし、実際のところは、それほど大きな動きはありません。

証券会社・FX伝説

証券会社は、その名の通り株式・債券・FXなどの投資や有価証券に関するさまざまな業務を扱う金融機関です。

有価証券とは、お金に代わるような財産として価値を持つ証書を指します。

これからの有価証券は、企業にとっては人々からお金を集める道具で、投資家にとってはお金を殖やすための道具です。

つまり、証券会社の仕事は、企業の資金集めや、投資家の投資を支援することといえます。

証券会社の主な業務は以下の4つで、これらすべてを扱っているものを「総合証券会社」といいます。

FXは新時代の投資商品です。しかし、まだまだリスクの伴う先物取引。じっくりとまずは口座開設から検討しましょう。

①ブローキング(委託販売)業務。

投資家の注文に応じて、証券取引所などの市場で有価証券の売買を仲介したり代理で売買して、手数料を得るものです。

本業中の本業ですが、最近は売買手数料に関する規制が緩和され、各社が自由に手数料を設定できるようになったため、値下げ競争が起こっています。

これにともなって、この業務の収益は減っており、他の業務の比重を増やしている証券会社も増えています。

②セリング(募集・売出)業務。

新たに株や債券を発行した企業から委託を受け、投資家に株・債券を販売し、企業から手数料を得るものです。

短期間でも金利は安い方がいい。。。カードローンスタイルは、アナタの融資検討をお手伝いいたします。

投資に関する情報