« 資産を増やせ! | メイン | 返済方法~リボビング払い »

証券会社・FX伝説

証券会社は、その名の通り株式・債券・FXなどの投資や有価証券に関するさまざまな業務を扱う金融機関です。

有価証券とは、お金に代わるような財産として価値を持つ証書を指します。

これからの有価証券は、企業にとっては人々からお金を集める道具で、投資家にとってはお金を殖やすための道具です。

つまり、証券会社の仕事は、企業の資金集めや、投資家の投資を支援することといえます。

証券会社の主な業務は以下の4つで、これらすべてを扱っているものを「総合証券会社」といいます。

FXは新時代の投資商品です。しかし、まだまだリスクの伴う先物取引。じっくりとまずは口座開設から検討しましょう。

①ブローキング(委託販売)業務。

投資家の注文に応じて、証券取引所などの市場で有価証券の売買を仲介したり代理で売買して、手数料を得るものです。

本業中の本業ですが、最近は売買手数料に関する規制が緩和され、各社が自由に手数料を設定できるようになったため、値下げ競争が起こっています。

これにともなって、この業務の収益は減っており、他の業務の比重を増やしている証券会社も増えています。

②セリング(募集・売出)業務。

新たに株や債券を発行した企業から委託を受け、投資家に株・債券を販売し、企業から手数料を得るものです。

短期間でも金利は安い方がいい。。。カードローンスタイルは、アナタの融資検討をお手伝いいたします。