メイン | 魔法の石鹸 »

企業年金と金融

年金は大きく、政府が経営する「公的年金」と、民間が運営する「私的年金」があります。

私的年金のうち、企業が運営するのが「企業年金」、保険会社などが扱っているのが「個人年金」です。

現在、この中の企業年金の改正が進んでおり、今後の金融市場大きな影響を与えると見られています。

企業年金のしくみは、大雑把に言うと、企業が従業員から保険料を集め、これを金融市場に運営します。

そして、従業員が定年になったら、保険料として集めた分と増えた分を併せて年金として支給する、というものです。

このしくみが、企業にとってやや問題だったのは、あらかじめ従業員に年金として支給する額が決まっているため、仮に運用がうまくいかず、従業員に支払う年金額が確保できなかった場合は、企業がそれを穴埋めしなくてはならない、という点でした。

このように、あらかじめ支払う額が決まっている年金を「確定給付型年金」といいます。

<金融~融資のワンポイント>

クレジットカードを使いすぎて家計崩壊型の破産者が増えていますね。
借入がかさんで支払が困窮状態・・・。そういう方が最後に取る手段が法的な債務整理。

年金が目減りして生活が困窮している方は少なくないようで、借金を自分で処理をしようと、おまとめローンなどの一本化融資を希望する方も多いですが、実際利用しても、劇的に変わる方は少ないようです。

そこでお薦めなのが、一本化専用のおまとめローンです。

オリックス銀行のカードローンは、銀行なので利息も低く設定されていて、長期返済も可能です。また、借り換えや借金の一本化もできるカードローンです。

また、東京スター銀行では不動産を活用したローンがあり、不動産を担保にローンをまとめたり借り換えたりできる【スター不動産担保ローン】もあります。

ご自宅を担保に老後の資金を借りることができる「預金連動」型の【充実人生・新型リバースモーゲージ】は、画期的な不動産を活用したローン商品です。