« 家計調査 | メイン

住宅ローンの借入れと借り換え

マイホームを手に入れる時に、まず大きな検討事項として出てくるのは住宅ローン。

いつもニコニコ現金払いという方には無縁ですが、世の中のほとんどの人達はサラリーマンで毎月決まった額を返済するという計画で購入するのではないでしょうか。

住宅ローンで気になるのはやはり金利。返済期間の間に金利が景気に変動され、何年後かには景気が大幅に下がった割には高い金利を支払う羽目になり厳しい状況になるというケースは珍しくありません。

そんな事態を回避する方法として借り換えという手段があります。現在返済中の住宅ローンを新たに組み換えることで、その支払金額や支払方法を見直す事ができます。

しかし、借り換えも当然借入れですので、新規と同様に手数料や諸経費が必要となるので完済までの返済総額や月々の返済額を減らせたり、今後の金利変動のリスクを回避するといった借り手にとってのメリットがなければ借り換えをする意味はありません。

パンフレット等の特典情報やその他付加条項などに惑わされずにしっかり検討する必要があります。また、基本的に同一の金融機関で借り換えは出来ないので注意しなければなりません。